皮革販売宮田オンラインショップTOP
皮革問屋宮田 ~since1959~
馬革(ホースレザー)・豚革(ピッグスキン)・山羊革(ゴートスキン)etc.
東京-浅草店(革小売対応店)のMIYATAオンラインショップ
 
検索内容 検索

ご利用ガイド よくあるご質問 お問い合わせ 会員登録 ログイン 注文照会 カートを見る
革販売MIYATA WSリニューアルオープン!!  Amazonアカウントで購入できる【Amazon Pay】導入!! 詳細は『ご利用ガイド』をCHECK!!!
買物カゴの中身

買い物カゴの中は空です。

商品アイテムから探す
ホースレザー (馬革)
ピッグスキン (豚革)
ゴートスキン (山羊革)
その他の革
カット革
型抜き革(はぎれ革・動物シリーズ)
革ひも
サンプル帳
アウトレット商品
2021年 01月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
赤文字は休日です。出荷作業やお問合せのご返信等は翌営業日からとさせて頂きます。

                          

 

 

  クロムなめし革

  なめし期間が短く、経済性が優れている為、現在最も広く行われているなめし方法で、あらゆる革製品に用いられています。青い色をしており、

  色出しの際初めの青めを計算に入れないとならず、パステル系、淡い色は色が出せません。なめし剤の中で最も高い耐熱性が得られ、染色性

  強度に優れている等の利点があり、品革軽くて柔軟で耐久力保存性があります。水を吸収すると乾燥が遅いという特徴もあります。

   ※当社で扱っています革は、特になめしによるコメントがない場合は、クロムなめしの革になります

 

  植物タンニンなめし革

  染色を行わない場合は茶褐色系で、光や熱また風により暗色化しやすいです。クロムなめし革と比べると、伸び、弾性が小さく、耐熱性も劣り

  ます。色を染色する際、極端に濃い色目・淡い色目は色が出にくく真黒で染めようとしても墨黒程度になります。水を吸収すると乾燥は早いで

  す。近年、環境にやさしいノンクロム・ノンメタルなどのコレザーは注目視されています。

 

  コンビなめし革(複合なめし革)

  二つ以上のなめし剤を使う仕上げ方法、一般的にはクロムなめししたものを更にタンニンなめしをすることをいいます。

  特徴を組み合わせて、クロムとタンニンの長所を生かして欠点を補う効果があります。

 

  油なめし革

  代表的なものにセーム革、姫路白なめし革。動物油、魚油でなめす方法で、非常に柔軟で吸水性が良く、適度の親油性をもち、洗濯が

  可能です。手袋、自転車の窓ガラス、レンズ、貴金属などの汚れ落とし、ガソリンのろ過などに用いられています。

 

  その他

  ホルマリンなめし、ジルコニウムなめし、アルミニウムなめし、などがあります。主に使用するなめし剤により区別されますが、これらの生産はかなり

  少なくなってきています。 

 

(東京都立皮革技術センター 参照)  


Copyright(c) MIYATA CO.,LTD. All rights reserved.
個人情報保護方針 特定商取引法表示 会社案内