皮革販売宮田オンラインショップTOP
皮革問屋宮田 ~since1959~
馬革(ホースレザー)・豚革(ピッグスキン)・山羊革(ゴートスキン)etc.
東京-浅草店(革小売対応店)のMIYATAオンラインショップ
 
検索内容 検索

ご利用ガイド よくあるご質問 お問い合わせ 会員登録 ログイン 注文照会 カートを見る
革販売MIYATA WSリニューアルオープン!!  Amazonアカウントで購入できる【Amazon Pay】導入!! 詳細は『ご利用ガイド』をCHECK!!!
買物カゴの中身

買い物カゴの中は空です。

商品アイテムから探す
ホースレザー (馬革)
ピッグスキン (豚革)
ゴートスキン (山羊革)
その他の革
カット革
型抜き革(はぎれ革・動物シリーズ)
革ひも
サンプル帳
アウトレット商品
2021年 01月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
赤文字は休日です。出荷作業やお問合せのご返信等は翌営業日からとさせて頂きます。

                          

  

  10月 〜ハロウィン〜

 

 

 馬革/豚革のハギレ革たち・ハサミ・糊(革用ボンド)・両面ワッペン2㎜~

 

 

3㎜・厚紙・銀ペン(ボールペン)・目打ち(爪楊枝)を用意。

 

 

初めにイメージ画を作成。革を切ったり、穴空けたりするところを決めます。

 

 

イメージ画の配色に合う、はぎれの革を集めました。

 

 

オレンジ系の革はあった方が良いですね。それと黒系が必要かな。

 

 

イメージ画から厚紙に絵を写しとってカットしてゲージを作ります。

 

 

↓集めたハギレ革

 

 

 

 

 


 

 
 

 

 
     
     
     
     

 

 

 

 

 
       
       
       
       
       
       

   1.作成したゲージを使いカボチャのベースを作ります。用意したオレンジ色の革に跡付けしてハサミで外周のみカットします。

 

 

 

 

 
       
       
       
       
       
       

   2.他の口・目などのパーツも同じようにゲージを使って革に跡付けしてカットします。

    コウモリも同じように革にゲージを使ってカットして下さい。今回3匹のコウモリ全て微妙に色を変えてみました。

 

 

 

 

 
       
       
       
       
       

 

 

 

 

   3.カボチャの溝に黒色の革の裏側に両面ワッペンを貼って、ベースのカボチャの上下より長めに幅2㎜〜3㎜位で4本カットします。

    上記では先に両面ワッペンを接がして作業しました。(小さいもの・細い品にはワッペンを先に貼って、接がして置くと楽です)

    カットした紐状の革をベースのカボチャに貼って、少し長めにしておいた部分をカットします。

 

 

 

 

 
       
       
       
       
       
       

   4.カボチャの目と鼻と口の部分に糊と両面ワッペンを使いベースのカボチャにゲージ通りに貼っていきます。

    真ん中画像では先の尖った目打ちや爪楊枝など先が尖った物で両面ワッペンのシートを接がしているところです。

 

 

 

 

 
       
       
       
       
       
       

   5.4.で作ったベースのカボチャや2.で作成したコウモリや帽子などの裏面に糊や両面ワッペンを使い革にゲージ通りに貼っていきます。

    貼ってあげる革に今回は、手と台の間に革を挟み転がすように縦・横・斜めに四方八方にモミを入れていきました。

 

 

     
       
       
       
       
   

 全て貼り終わったら完成です。

 
       
       
       
       
       
       
       
       

 


Copyright(c) MIYATA CO.,LTD. All rights reserved.
個人情報保護方針 特定商取引法表示 会社案内