皮革販売:馬革(ホースレザー)・豚革(ピッグスキン)・山羊革(ゴートスキン)の革小売(東京-浅草店)
miyata
 
検索内容  検索

会員登録 ログイン カートを見る 注文照会
ホーム ご利用ガイド 革について よくある質問 お問い合わせ 会社概要
 ★☆ 豚革・馬革・ゴート革 ライニングレザー(裏革)お探しのお客様おまちしています。 (=´ー`)ノ ヨロシク ☆★
   会員登録無料・年間費無料⇒会員限定価格&POINT制度有り♪ 詳しくは新着情報下の【POINTについて】をご覧ください! 
商品アイテムから探す
   ▽▲アウトレット商品▼△
   ◆ホースレザー・ライニング
   ◇ホースレザー・アレンジ
   ◆ピッグスキン・ライニング
   ◇ピッグスキン・アレンジ
   ◆ゴートスキン・ライニング
   ◇ゴートスキン・アレンジ
   ◆その他(サンプル帳)・キットset
   ▲▽カット・キット・ひも etc△▼
買物カゴの中身
買い物カゴの中は空です。
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
赤文字は休日です。出荷作業やお問合せのご返信等は翌営業日からとさせて頂きます。
皮革入門
イベント情報
皮革製品お手入れ
BOOK
配送・返品
佐川パック便
メール便

 トップページ革で作ろう(革遊び) レザークラフト遊び(十五夜お月様)

 

 ♪ レザークラフト遊び 9月 〜十五夜お月様〜

   当社の1枚革とハギレセットを使って遊んでみました♪

 今回は、9月をイメージしたお月様。そう十五夜お月様を制作しました。

   用意したのは、当社の馬革のH1200(グレー系色)又はH1001HM-S(黒)をベースにハギレセットの豚革P-001と馬革

   H-001・ハサミ・糊・両面ワッペン(幅2㎜~3㎜)・カッター・厚紙・銀ペン・(ボールペン)です。

 

   
 

どのような感じにするか

 

図案(下書き)を書いてか

 

ら、配色などを決めてい

 

きます。

   
   
   
   
   
   
   
   
   

 

 

1.下書きから厚紙に写しとり、カットしてゲージを作っていきます。

 

   うさぎの耳(胴体に重なる方)は、胴体と別色にて考えました。

 

   月にかかる雲は、同じ形なのでゲージは1枚だけゲージを作りました。

 

  厚紙に書いてカットして作ったゲージの他に切り落とした方も使うかもしれ

 

  ませんので、ゲージを作った時は製品が仕上がるまで残しておきましょう。

 

 

 

 

2.月のベースを作っていきます。

 

   左のように厚紙にてゲージを起こして、

 

   月のベースとなる黄色の革の上に動か

 

   ないように固定してから銀ペン(ボール

 

   ペン)にて書き写していきます。

 

 

 

 

3.書き写した月のベースの革の外側を

 

   ハサミでカットしていきます。

   
   
   
   

 

 

4.月の中の細かいカットが必要なウサ

 

   ギやウス・キネは、カッターを使って

 

   切り取って下さい。

   
   
   

 

 

5.うさぎの耳(胴体に重なる方)をベース

 

   となる月と同じ、黄色にしました。

 

   そして右画像では、ウサギの本体のゲ

 

   ージを使って、白色の革より一回り大

 

   きめにカットしています。こちらは、

 

   覗かせで使用します。

 

 

6.右の画像では、うっかり月のゲージでカットした厚紙のウスとキネを捨てて

 

   しまいました。4.で切り落としたウスとキネをゲージとして使用しますが、

 

 こちらのキネ・ウスも覗かせで使いますので、ゲージより少し大きめにカット

 

 して下さい。今回はベージュ系の革を用意しました。キネは豚革の表面(銀面)

 

 を使用して、ウスの方はチョット変えて豚革の裏面(スエード調)の方を使用し

 

 てアクセントをつけようと思います。

 

 

7.月のベース(4.で作った)の裏側に糊を

 

 塗っているところです。右では糊を塗

 

 ったあとに両面ワッペンにて接がれに

 

 くくしています。

 

 (先に両面ワッペンを貼ってから糊付け

 

 の方が良いみたいです。)

 

 

8.上の7.の作業が終わったら、6.で作ったウスとキネを貼ってあげます。

 

 さらに5.右画像で作ったウサギのベースの白い革も貼って、そこまで終わっ

 

 たら、次はひっくり返して表側から5.左の図で作った耳を貼ってあげます。

 

 そしたら今度は目を作ってあげます。当初はくり抜いて下から覗かせようと

 

 思ったのですが小さい穴になる為に目が目立たなくなってしまい結構難しか

 

 ったので、今回は赤色系統の革を小さく切って貼りつけることにしました。

 

 

9.左の画像で月&ウサギの完成になり

 

 ます。1.にあった雲のゲージを使って

 

 色別に2本切り取りました。

   
   
   

 

 

10.大きなベースとなる革(今回はH1200グレーを使いました)に月のベースを

 

 貼ってあげてから、雲を右のように重ねて貼ると感じが出ます。

 

                           ★完成で〜す★  

 

 月の周りと雲を縫い合わせてあげると、より取れなくなり、子供の道具箱入

 

 れなどのチョットした小物入れ・手提げ袋の一面として利用できます。

   

 

 もう1点 ☆『鯉のぼり』         

 

左の画像のゲージで、本体鯉のぼりを

 

カットした上に2重にした目玉と、いろ

 

んな色の革を丸くカットした鱗を貼っ

 

てあげ、雲も2重に重ね貼り、ポールな

 

どを付けてあげれば、出来上がり。

 

(鱗は、紙を空けるパンチでもOK)

  

                                                              
皮革販売店MIYATA 【裏革問屋の革屋。小売販売店宮田】